toggle

建築家

『山手の棲み家』を共につくるパートナーとして、住宅建築に精通している建築家・竹原義二先生に建築設計の依頼をしました。

光や風を生かした間合い、素材の魅力に着眼する美意識、先生が手掛ける建築の世界観が、まさに『山手の棲み家』にふさわしいと確信しています。

竹原義二

Yoshiji Takehara

1948年徳島県生まれ。建築家石井修氏に師事した後、1978年無有建築工房設立。2000〜13年大阪市立大学大学院生活科学研究科教授、2015~19年摂南大学理工学部建築学科教授、現在、神戸芸術工科大学環境デザイン学科客員教授。

日本建築学会賞教育賞・日本建築学会賞著作賞・都市住宅学会業績賞・こども環境学会賞・村野藤吾賞など多数受賞。近年は東京クラシッククラブのクラブハウス、幼稚園・保育所、障がい者福祉施設、老人福祉施設など、住まいの設計を原点に人が活き活きと暮らす空間づくりを追求している。

著書に「無有」(学芸出版社)、「竹原義二の住宅建築」(TOTO出版)、「いきている長屋」(編著・大阪公立大学共同出版会)、「住宅建築家 三人三様の流儀」(共著・エクスナレッジ)など。

●さらに詳しい情報は、無有建築工房 公式サイトをご覧ください。